本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 新潟 > 京町通り

京町通り

                              新潟県:キリシタン関連史跡

相川金銀山と奉行所を結ぶメインストリート


相川金銀山と奉行所を結ぶ、往時のメインストリートだった通り。

「時鐘楼」のある下京町から中京町、上京町へと坂道が続いています。かつて鉱山関係者の住居や多くの商店が軒を並べていました。相川町の北部の水金川沿いには遊郭があり、遊女の情死などの話が伝えられています。



京町通り


京町通りは佐渡が金銀山で湧いていた時代に町の中心となっていた通りで、坂道に沿って住居や店が並んでいました。

佐渡に来たキリシタンが住んだのも、恐らく相川かその近辺で、この通りを通ったと考えられます。



鐘楼

解説板

京町通り

京町通り



 
現地への行き方
時鐘楼の住所は佐渡市相川八百屋町4です。



この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》 《本サイト以外のサイト》



                                         NEXT >>