本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 新潟 > 小木港

小木港

                              新潟県:キリシタン関連地

キリシタンや宣教師が下り立った港


佐渡島の南端に位置する港。

江戸時代に本州との往来に使われた主要な港で、佐渡金山から産出した金・銀の輸送などを行っていました。佐渡に来たキリシタンや巡回に訪れた宣教師が下り立ったと考えられます。



小木港


小木港は、江戸から明治にかけては佐渡の玄関口として栄えていましたが、現在は両津港に押されて静かな佇まいを見せています。



小木港

小木港

小木港

小木港



 
現地への行き方
直江津港からフェリーで約1時間40分。 住所は佐渡市小木町1950です。



この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》 《本サイト以外のサイト》



                                    史跡案内一覧へ>>